佐川 引っ越し

佐川引っ越しで最安値で引越する方法

 

佐川引っ越しの場合 いくつかの引越し業者で相見積もりを取ったが、最後に来た佐川引っ越しセンターは「ぶっちゃけ他はいくらでしたか?一番安くやりますから。」と言ってきた。

 

無理かもしれないと思われるギリギリの要望金額を伝えると、その場で上司に電話してOKをもらってくれた。

 

とにかく安く対応してくれたことが嬉しかった。

 

引越しの1週間ぐらい前から、佐川引っ越しが持ってきたダンボールに荷物を詰め込み始めた。

 

引越しで一番面倒なのはここで、いるものといらないものの区別がつけられない。

 

悩んで持っていったものは大抵の場合使わないのに、何故か捨てられなくて荷物が増えてしまう。

 

 

同じ町の中での引越だったので、午前中には荷物が積み出され、午後一番には引越し先に荷物が運び込まれていた。

 

大きめの洋ダンスを2階に運び込む以外は、それほど大変そうな荷物はなかった。

 

運び込まれてしまえば終わったも同然。

 

ダンボールは焦って開けなくても、必要なものから順番にダンボールから出さざるを得ない。

 

ずっとダンボールに入りっぱなしのものは、持ってくる際に悩んだものばかり。

 

いずれにしても、引越しってわりと簡単だと思った。

見積もりのコツ とにかく見積もりを比較することが重要。

 

一日の間で時間を区切って複数の業者に来てもらう。

 

場合によっては前の業者がまだ帰ってない間に次が来たりする。

 

本命は最後が良い。

 

「オタクが本命なんだけど、この前に見積もってもらったらこの金額だったんですよね。これよりも安ければ決めちゃいますから。」と言えば大抵はその日の見積の最安値で決まる。

 

はっきり言って、値段以外のサービスは大きくは変わらないと思う。

 

大抵の場合は事前にダンボールを持ってきてくれて、当日荷物を運んで、使い終わったダンボールを回収してくれる。

 

これ以外のサービスは基本的にないのだから、値段勝負だろう。

 

もう一つ大事なポイントは、朝一番の便をお願いすること。

 

朝一番だと予定通りの時間が守られるので、遅い時間にずれ込むことがない。

引越しの心得 引越しに必要なのは、やはり前準備が大事だと思います。

 

私の場合、大体、引越し自体は1日で行うのですが、荷物が着いたあとの、荷物だしで、大体すべて片付くのに、1週間ぐらいかかります。

 

それはなぜか?っというと、どこに何が入っているのか、分からなくなるからです。

 

もちろん、ダンボールには、種類ごとに、何が入っているとか、書くのですが、いざ引っ越してみると、ぐちゃぐちゃになってしまうので、いかに前準備をきちんとするかに掛かってると思います。

 

段ボールに荷物をまとめる際、そのまとめ方に少しコツがあります。

 

それは、必要度合いに応じて段ボールを分けるということです。

 

具体的にいうと、日常的に使う物、時々使う物、1年に数回使う物という風にです。

 

これをやることによって、引っ越した先で段ボールを開けて荷物を取り出す時に、優先順位がすぐに分かります。

 

また、めんどくさがりの方は、とりあえず、日常的に使う物の段ボールだけ荷物を取り出せば、日常生活はなんとかなります。

 

これが、めんどくさがりな自分の引っ越しのコツです。